FC2ブログ
V-Strom650XTとSL230とCR-Z(ZF2)との生活を気ままに書いてます

リアキャリア&パニアステー&エンジンガード&タンクバッグステー装着

納車翌日、前々から準備していたいろんなパーツを取り付けました
まず、新Vスト(V-Strom650XT)用に購入していた次の三つを取り付け
・トップケースホルダー EasyRack/イージーラック (661-3530-0101、4210-3534-0001、662-3534-0101)
・サイドキャリア Lockit (6503534-00-01)
・エンジンガード (501-3534-0001、502-309-0001)←2017以降用と2016まで用で値段も違うけど物は同じっぽい?
すべてHEPCO&BECKER(ヘプコ&ベッカー)で揃えてみました

その後に旧Vスト(V-Strom650)から次の2つを移設
・GIVI(ジビ) タンクバッグ用イージーロック BF01
・ナンバーホルダー

まず、
トップケースホルダー EasyRack/イージーラック
キャリアは旧ストから変更されて、V-Strom1000と同じものになりました
MX1_2446-1.jpg
なのでトップケースホルダーV-Strom1000と同じものになります

特に難しい作業もなく、1時間弱で装着完了
MX1_2449-1.jpg
これで旧ストでも使用していた、ヘプコ&ベッカー ゴビ トップケース42が装着できます!

前回付けていたキャリアと大きく違うのは、位置決めガイドが折り畳み式になったこと!
MX1_2448-1.jpg
トップケースを付けていないときもスマートになりました

次に
サイドキャリア Lockit
はっきり言ってここからなかなか苦労しました…
まず、純正パニア用ステーとタンデムステップのボルトを利用してベースを取り付けます
MX1_2451-1.jpg
これもなかなか穴の位置が合わなくて結構苦労

Lock it system / ロックイットシステムは、ホルダー自体も手軽に外すことが出来るらしいですが、このホルダーをベースに装着するのにかなり苦労しました…
説明書の順番通りに締めていくと必ずどこかの穴に入らなくなり、結局きっちり締めたベースのボルトををすべて緩めることになりました
しかもロックイットシステムではずせるということですが、左右のホルダーを補強ステーで連結するので取り外しは簡単にはできません\(^o^)/

なんだかんだ2時間ほどかかってなんとか装着完了
MX1_2453-1.jpg


次は
エンジンガード
作業自体の難易度はそこまで高くありませんが、エンジンマウントボルトを取り外す必要があり、それがネジロック剤とともにかなりのトルクで締め付けられているので、まずはそれを外すのが大変
鉄パイプで六角レンチを延長してなんとか外せました

その後もエンジンガードが邪魔をして短い六角レンチではボルトを締められないので、長めの六角レンチを途中で新たに購入することになりました\(^o^)/
ついでにネジロック剤も購入してきました

しかも説明書には最後に補強のための左右連結ステーを装着するようにと書いてありましたが、エンジンガードを装着した後だとその連結ステーを入れ込むことができない!
結局片側のエンジンガードを緩め直すことになりました…

そんな感じでこっちも2時間近くかかってなんとか装着

ここまで本当はトルク管理が必要ですが、トルクレンチを持っていないのでやってません!
定期的な増し締め、トルクレンチも購入しようかと思います

旧ストから次の2つの移設はすぐに完了
・GIVI(ジビ) タンクバッグ用イージーロック BF01
・ナンバーホルダー

ちなみに次の2つも移設予定でしたが出来ませんでした
・キジマ(Kijima) ヘルメットロック
・タナックス ツーリングフックバー
メットロックはパニアステーとの干渉で、ツーリングフックバーはナンバーの取り付け方がかわっていたため装着出来ませんでした

とりあえず予定していたものはすべてつけ終わったので、パニアも装着して試走!
FMGP0441-1_20180219222828bef.jpg

これ!これがずっとやりたかった!
旧ストはアップマフラーのためパニア装着を断念してましたが、やっと念願が叶いました!
想像以上のド迫力に若干自分でも引きました(笑)

FMGP0452-1.jpg

パニアケースはトップケースと同じ、ヘプコ&ベッカー ゴビ サイドケース37
定価約9万円のところ何故か半額以下で売っていたので年末ぐらいに購入していました(笑)
色がトップケースと違うのはその値段が大きな理由です
色を揃えるために塗装しようかとも思ってましたが意外に違和感ないしとりあえずそのままかな?

前から見るとハンドル幅に収まっているように見えますが…
FMGP0445-1_20180219222829e7e.jpg

後ろからみるとはみ出しまくっている!
FMGP0446-1_20180219222831835.jpg
ハンドル幅910mmに対して、パニアの全幅は1050mm程度と左右に7cm程度出ていることになります

上からだとわかりやすいかな?
FMGP0451-1_20180219222834602.jpg

すり抜けはしないほうが無難ですね
っというか基本的によっぽどのことが無い限りすり抜けはしないのであまり関係無いかな
それよりもツーリング先の駐輪場とか、ポールの横をすり抜けるときなんかに引っ掛けないように気をつけないと
旧ストで付けていたフロントパニアもつけて、目に見えるところの全幅をアップさせておいたほうがいいかもしれない

空荷でワインディングを走ってみましたが特に違和感なく走れました
荷物を入れたらまた変わるだろうけどこれは嬉しい誤算

後はナビマウントを考えないと
それでツーリング装備は一通り装着完了かな?

ってことで今回はこの辺りで!

最後にクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2018-02-24 : カスタム--DL650AL7-- : コメント : 4 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
なんか冒険家のバイクみたいですね!ボルドにもトップケース付けたいんですけど、なんかケースが宙に浮いてる感じになるんですよね。それに初心者の僕には横風をもろに受ける面積が増えるのが怖い・・・。こういう写真見ると、いろいろバイクにしてあげてやりたくなりますよね!新車でのツーリング・レポート、楽しみにしています!(すみません、コメントの仕方が分からなくて、「拍手コメント」って方にもコメントしてしまいました。)
2018-02-27 12:30 : bochibol171 URL : 編集
No title
bochibol171さん

箱が似合うのがこういったバイクの良いところだと思っています(・∀・)
確かに横風の影響は大きくなるように思います
特にトップケースは重心もアップするので乗り心地にも結構影響しますね
2018-03-01 20:43 : kai URL : 編集
いやはやど迫力ですね。自分はハーレーのFLHTというのに乗ってますが、サドルバッグがハンドルから出てないんで、すり抜けしまくってます・・・
にしても、これだけ着くと二泊三日くらい余裕ですねー
2018-03-04 23:28 : よし URL : 編集
No title
よしさん

もう少し狭めにする予定だったんですけどねえ(笑)
ここまでくるともういくらでも旅できちゃいそうです(・∀・)
2018-03-07 20:20 : kai URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

kai

Author:kai
バイクと写真とクルマのブログです

バイク:
・V-Strom650XT(DL650AL7)チャンピオンイエロー
2018/2/17~

・SL230 2001年式
2017/4/22~
SL230インプレ
(2017年4月29日編集)


今までのバイク
・VTR250 09型 白
2011/4/2~2013/4/29(22337km)
VTR250インプレ
(2013年5月1日編集)

・V-Strom650ABS(DL650AL3)
2013/4/29~2018/2/17(52522km)
V-Strom650(2013モデル)インプレ
(2014年1月11日編集)


カメラ:
→メイン PENTAX K-1
→サブ PENTAX K-5IIs
→サブ PENTAX K-30 シルキーボルドー
→サブ PENTAX MX-1


車:
~2016/2/27
・ホンダ インサイト(ZE1)
2016/2/27~
・ホンダ CR-Z(ZF2) ホライゾンターコイズ・パール


プロフィール記事
10月2日更新


2013年12月15日リンク追加

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月間アーカイブ

カウンター

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR