V-Strom650ABSとSL230とCR-Z(ZF2)との生活を気ままに書いてます

極寒からのぽかぽかメタセコイアツーリング

ひっさしぶりにツーリングらしいツーリングをしてきました!

忙しいのもあるんですが、最近ツーリング先のネタ切れ感がひどくてなかなか行こう!って気になれないんですよね(^^ゞ
定期的に一緒に行ける仲間がいればまた違うんでしょうかね

で、基本的にソロツーの自分のツーリングの目的はもっぱら写真撮影
今年は紅葉撮影もできておらず、この時期としては珍しく北部の天気が良い予報だったので、マキノのメタセコイア並木を見に行ってきました(^^)

朝は7時半頃出発
思ってたよりも寒くない?
ってのは気のせいで、Vストの凍結警告灯は点灯しっぱなし
道端の温度計も軒並み0℃以下

京都市街を抜けるのは嫌なので、京北から峠を越えて鯖街道に向かうことに

亀岡は安定の霧
冷え込みも厳しくて、なんとかウッディー京北に到着した時には…
なんとグローブが凍ってる\(^o^)/
DSC_0191_R.jpg

スクリーンも\(^o^)/
DSC_0192_R.jpg

グリップヒーターがなかったら我慢できなかったでしょう(^_^;)

そして477号線を東に走って、110号線から鯖街道へ…
と思ったら、周りが白い
どうやらこの辺りは雪が降ったようで…
標高が上がるごとに明らかに雪の量が増え、路面凍結も怪しくなってきたので、鯖街道を目前にして泣く泣くUターン

今度は477号線からいってみようとしたものの…
MX1_1678_R.jpg

日陰は完全に凍ってます
MX1_1677_R.jpg

ってことでこっちも結局Uターン
ウッディー京北まで戻るしかなくなってしまいました\(^o^)/
MX1_1679_R.jpg
これで約2時間ロス

このまま周山をウロウロして帰ろうかと思ったけど、道を検索してみるとそんなに遠回りせずに別の道で行けそうだったので、メタセコイア並木まで行ってみることに
162号線を少し南下して、貴船神社方面から鯖街道へ

こっちも若干の峠越えですが、気温が上がってきたことと標高が比較的低いこともあって凍結はしておらず、やっと鯖街道に到着

そのまま北上して、道の駅くつき新本陣で休憩
眠くてちょっと危なかった…
鯖街道走るといっつも強烈な眠気に襲われます(^_^;)
この辺りから気温は10℃程度まで上昇して暖かくて気持ちいい(・∀・)

で、やっと目的のメタセコイア並木に到着
結構散ってるけどなんとかギリギリ残ってる!
ってことで撮影開始!

初夏に来た時と同じ場所で
KMGP2512-1_R.jpg

IMGP5561-1_R.jpg

KMGP2522-1_R.jpg

IMGP5574-1_R.jpg

IMGP5602-1_R.jpg

IMGP5616-1_R.jpg

IMGP5618-1_R.jpg

IMGP5635-1_R.jpg

KMGP2528-1_R.jpg

一時間半ほどかけて撮影
もう少しゆっくりしたかったんですが、2時間のロスが効いてしまいました(^_^;)
日が暮れるまでに家に帰りたかったので、3時過ぎには帰路へ

帰りは161号線と高速で一気に帰宅
朝の1/3程度の時間で帰れてしまいました(・∀・)

走行距離 340.1km
メーターでの燃費 31.0km/L

久しぶりにしっかりとツーリングでき、写真撮影もできて大満足でした(・∀・)
しかし寒いのはある程度我慢できますが、路面凍結は怖いです
暖冬だからと少し油断しすぎてました

おそらくこれで今年最後のツーリング
やはりネタ切れ感は拭えないので、何かしら打開策を考えないといけないですね

ってことで今回はこの辺りで!

最後にクリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 バイクブログ 学生ライダーへ
にほんブログ村

map_20151220225138d92.jpg
スポンサーサイト
関連タグ : K-5IIs シグマ10-20mmF3.5_EX_DC_HSM K-30 DA55-300mmF4-5.8ED MX-1
2015-12-20 : ツーリング-Vスト- : コメント : 7 :
Pagetop

ラフ&ロード RR5613 AQA DRY サイドバッグ

お久しぶりです!
ツーリング記を更新してからいろいろと忙しく、少しブログから遠ざかっておりました(^^ゞ
バイクもちょくちょく乗ってはいたんですがなかなかガッツリツーリングに行くこともできず…

ってことで、今回は北海道東日本ツーリングのために購入した用品のインプレ記事です!

今回ご紹介するのはコチラ
ラフ&ロード RR5613 AQA DRY サイドバッグ
定価 ¥19,800 (税別)
購入価格約¥16,000
IMGP4134-1_R.jpg

ハードタイプのパニアケースではなく、ソフトタイプのサイドバッグです
本来はパニアを装着したかったんですが、DL650はアップマフラーのため、パニアを装着すると車幅がすごいことになってしまうので、サイドバッグにしました

ここで問題がひとつ
DL650は大きなタンデムグリップを備えており、それが邪魔をして、サイドバッグでよくあるシート上部でマジックテープで固定するタイプのものは装着できません!
しかしRR5613はベルトとバックルで固定するので、Vストさんにも装着できます(公式から拝借)
5613_img.jpg

さらにRR5613は防水!
パニアケースに対するサイドバッグの弱点を克服したものとなってます

ってことで
【インプレ】
・装着
装着はそんなに難しくありませんでした
マフラーには確実に干渉しますが、Vストはヒートガードを備えているので問題なし
(BEAMSのマフラーもバッチリヒートガード対応、BEAMSさんの心遣いに感謝)
むしろ問題なのはなにも支えがない、左側
タイヤへの干渉が少し心配でしたが、シート上部できっちり固定すれば大丈夫でした


・収納力
5613_kuru3.jpg
想像以上に入ります
北海道東日本ツーリング中は片一方に着替えをすべて入れてました
片側20Lですが、画像の通り袋状になっていて、形もフレキシブルなので見た目以上に入ります
小物は前面カバーのポケットにも結構入ります

・使いやすさ
防水のために上の画像の袋上部を数回巻いて、バックルを二箇所とめて、さらに前面カバーを二箇所のバックルでとめる必要があります
頻繁に開け閉めは正直めんどくさいです
モノの出し入れ自体も、袋状になっていることもあって結構手を伸ばさないと届きません
防水のためにはしょうがないのですが、この辺りは他のサイドバッグの方が断然使いやすいでしょう


・総評
星で言えば
★★★★★

出し入れのしづらさは納得して購入したので、特に気になりませんでした
っというより、ツーリング中は頻繁に出し入れが必要な物は入れないようしていたので、基本的に開けるのは宿についてからでした
Vストにも綺麗に装着でき、防水であることはかなりプラス
ロングツーリングだと雨天走行も考えられますが、いちいちレインカバーを付け外しする必要がないのはとても便利です

出し入れのしづらささえ納得できれば、V-Strom650乗りの方にオススメのサイドバッグです!
(サイドバッグ全体の問題ですが、擦れて車体に傷がついてしまうので、養生はきっちりしましょう)


ってことで今回はこの辺りで!

最後にクリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 バイクブログ 学生ライダーへ
にほんブログ村
2015-12-17 : アイテム : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

kai

Author:kai
バイクと写真とクルマのブログです
バイク:
2011/4/2~2013/4/29
・VTR250 09型 白
2013/4/29~
・V-Strom650ABS 国内仕様 サンダーグレーメタリック
→タンク、リアのみフォックスオレンジメタリックに換装
2017/4/22~
・SL230 2001年式

カメラ:
→メイン PENTAX K-1
→サブ PENTAX K-5IIs
→サブ PENTAX K-30 シルキーボルドー
→サブ PENTAX MX-1

車:
~2016/2/27
・ホンダ インサイト(ZE1)
2016/2/27~
・ホンダ CR-Z(ZF2) ホライゾンターコイズ・パール


プロフィール記事
8月13日更新

VTR250インプレ
(2013年5月1日編集)

V-Strom650ABSインプレ
(2014年1月11日編集)

2013年12月15日リンク追加

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月間アーカイブ

カウンター

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR