FC2ブログ
V-Strom650とSL230とCR-Z(ZF2)との生活を気ままに書いてます

スクリーン&サイドスタンド改良

久しぶりにV-Strom650のカスタム記です(^^)
っといっても実際に装着したのは去年の夏のことですが…

今回紹介するのはスクリーンとサイドスタンドエンドの2点

まずスクリーン、GIVI AF3112
純正スクリーンも十分な風防効果はあるんですが、どうも身長とヘルメット(SHOEI ホーネットADV)との相性が良くなかったらしく、ちょうどヘルメットのバイザーにスクリーンからの風が直撃してヘルメットが微振動するという問題に悩まされていました
そこでスクリーンの交換に至りました

いくつかのスクリーンが発売されていますが、このAF3112は可動式のスクリーン
V-Strom650の純正のスクリーンは位置調節にボルトの取り外しが必要なので、そのあたりの利便性アップも狙って交換しました
ちなみにこのスクリーンは国内販売されておらず、Motostormという海外サイトで購入しました

では交換作業に入ります
まずは純正スクリーン取り外し
MX1_2676_R.jpg 

MX1_2677_R.jpg 

まずはベースのスクリーンを装着
MX1_2678_R.jpg 

ここで問題発生
可動側のスクリーンを固定するパーツとスクリーンマウントバーホルダーが干渉することが判明
そこでスクリーンマウントバーホルダーを下の写真のように裏表逆に装着し直すことで解決しました
そこから半年走行してますが特に問題はないようです
MX1_2679_R.jpg 

で、無事可動側のスクリーンも装着
MX1_2691_R.jpg 
一番下と
一番上!
MX1_2690_R.jpg 
結構上下大きく動かせます
さっきのスクリーン裏のノブをリリースするだけで簡単に調整できます
一番上だと完全にスクリーンの中に隠れることができます
が、一番下でも当初のヘルメット振動問題も解決し、結構な風防効果があるのでだいたい一番下で運用しています


次はサイドスタンドエンド、GIVI ES3101
MX1_2686_R.jpg 
V-Strom650は確か初代からサイドスタンドの形状が変わっていないので、結構いろんなところから同様のパーツが出ていると思います
今回はスクリーンを購入したついでに一緒にMotostromで購入しました

スパッと取り付けて完了!
と言いたかったんですが、これまず一人では無理かもしれません
サイドスタンドを起こしてはめないといけないので、センタースタンドがないなら誰かに手伝ってもらったほうがいいと思います

さらに個体差なのかサイドスタンドにうまくハマりきらず、結局ハンマーで無理やり押し込みました
MX1_2687_R.jpg 

思ったより装着に苦労してしまいましたが、結構満足度高めです
キャンプ場とか未舗装駐車場とかでサイドスタンドのめり込みに気を使わず駐車できるのはかなり便利です

っと言う感じで久しぶりの用品紹介でした!
スクリーンは未だに国内販売はされていないみたいですね
海外サイトからでも簡単かつ安価に購入できるので興味のある方は検討してみてはいかがでしょうか?

ってことで今回はこのあたりで!

最後にクリックお願いしますm(_ _)m



スポンサーサイト
2019-02-22 : カスタム--DL650AL7-- : コメント : 0 :
Pagetop

フロントパニア装着&試走ツー

旧ストと同じく、新V-Strom650XTにもフロントパニアを装着しました!
FMGP1028-1.jpg
コレで真のフルパニアの完成です!

旧ストのときから一回り大きな箱に交換しました
FMGP1612-1.jpg

大きくした理由としては、
・サイドパニア装着時の全幅と合わせて目に見える位置で全幅を認識することで、サイドパニアを引っ掛けてしまうことを防ぐため
・サイドパニアとの見た目上のバランスのため
・旧ストから狭くなったシート下収納の補完のため
があります

我ながらなかなか良いんじゃない?
FMGP1027-1.jpg

マウントは前回と同じく、ミノウラのスペースマウントを活用してエンジンガードの装着してます
FMGP1026-1_2018031322410429a.jpg

色がバラバラなのはご愛嬌
塗装を考えてます
FMGP1029-1_201803132241097c4.jpg

幅はサイドパニアよりも若干狭いぐらい
KMGP8331-1.jpg

そのまま月ヶ瀬梅林の方へ試走ツーリングに行ってみました
FMGP1032-1.jpg

とりあえず空荷では旧ストのときと同様、特に不具合なし
大きくなった分若干振動を拾いやすくなってるような気もするので、補強ステーを増やす予定
構造上上部でしか固定してないので、調子乗って重いもの入れると回転してしまうので気をつけないと

ちなみに梅は3/11時点ではまだまだこれからといったところでした
FMGP1030-1.jpg

FMGP1033-1.jpg

ってことで今回はこのあたりで!

最後にクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ
にほんブログ村
2018-03-21 : カスタム--DL650AL7-- : コメント : 0 :
Pagetop

リアキャリア&パニアステー&エンジンガード&タンクバッグステー装着

納車翌日、前々から準備していたいろんなパーツを取り付けました
まず、新Vスト(V-Strom650XT)用に購入していた次の三つを取り付け
・トップケースホルダー EasyRack/イージーラック (661-3530-0101、4210-3534-0001、662-3534-0101)
・サイドキャリア Lockit (6503534-00-01)
・エンジンガード (501-3534-0001、502-309-0001)←2017以降用と2016まで用で値段も違うけど物は同じっぽい?
すべてHEPCO&BECKER(ヘプコ&ベッカー)で揃えてみました

その後に旧Vスト(V-Strom650)から次の2つを移設
・GIVI(ジビ) タンクバッグ用イージーロック BF01
・ナンバーホルダー

まず、
トップケースホルダー EasyRack/イージーラック
キャリアは旧ストから変更されて、V-Strom1000と同じものになりました
MX1_2446-1.jpg
なのでトップケースホルダーV-Strom1000と同じものになります

特に難しい作業もなく、1時間弱で装着完了
MX1_2449-1.jpg
これで旧ストでも使用していた、ヘプコ&ベッカー ゴビ トップケース42が装着できます!

前回付けていたキャリアと大きく違うのは、位置決めガイドが折り畳み式になったこと!
MX1_2448-1.jpg
トップケースを付けていないときもスマートになりました

次に
サイドキャリア Lockit
はっきり言ってここからなかなか苦労しました…
まず、純正パニア用ステーとタンデムステップのボルトを利用してベースを取り付けます
MX1_2451-1.jpg
これもなかなか穴の位置が合わなくて結構苦労

Lock it system / ロックイットシステムは、ホルダー自体も手軽に外すことが出来るらしいですが、このホルダーをベースに装着するのにかなり苦労しました…
説明書の順番通りに締めていくと必ずどこかの穴に入らなくなり、結局きっちり締めたベースのボルトををすべて緩めることになりました
しかもロックイットシステムではずせるということですが、左右のホルダーを補強ステーで連結するので取り外しは簡単にはできません\(^o^)/

なんだかんだ2時間ほどかかってなんとか装着完了
MX1_2453-1.jpg


次は
エンジンガード
作業自体の難易度はそこまで高くありませんが、エンジンマウントボルトを取り外す必要があり、それがネジロック剤とともにかなりのトルクで締め付けられているので、まずはそれを外すのが大変
鉄パイプで六角レンチを延長してなんとか外せました

その後もエンジンガードが邪魔をして短い六角レンチではボルトを締められないので、長めの六角レンチを途中で新たに購入することになりました\(^o^)/
ついでにネジロック剤も購入してきました

しかも説明書には最後に補強のための左右連結ステーを装着するようにと書いてありましたが、エンジンガードを装着した後だとその連結ステーを入れ込むことができない!
結局片側のエンジンガードを緩め直すことになりました…

そんな感じでこっちも2時間近くかかってなんとか装着

ここまで本当はトルク管理が必要ですが、トルクレンチを持っていないのでやってません!
定期的な増し締め、トルクレンチも購入しようかと思います

旧ストから次の2つの移設はすぐに完了
・GIVI(ジビ) タンクバッグ用イージーロック BF01
・ナンバーホルダー

ちなみに次の2つも移設予定でしたが出来ませんでした
・キジマ(Kijima) ヘルメットロック
・タナックス ツーリングフックバー
メットロックはパニアステーとの干渉で、ツーリングフックバーはナンバーの取り付け方がかわっていたため装着出来ませんでした

とりあえず予定していたものはすべてつけ終わったので、パニアも装着して試走!
FMGP0441-1_20180219222828bef.jpg

これ!これがずっとやりたかった!
旧ストはアップマフラーのためパニア装着を断念してましたが、やっと念願が叶いました!
想像以上のド迫力に若干自分でも引きました(笑)

FMGP0452-1.jpg

パニアケースはトップケースと同じ、ヘプコ&ベッカー ゴビ サイドケース37
定価約9万円のところ何故か半額以下で売っていたので年末ぐらいに購入していました(笑)
色がトップケースと違うのはその値段が大きな理由です
色を揃えるために塗装しようかとも思ってましたが意外に違和感ないしとりあえずそのままかな?

前から見るとハンドル幅に収まっているように見えますが…
FMGP0445-1_20180219222829e7e.jpg

後ろからみるとはみ出しまくっている!
FMGP0446-1_20180219222831835.jpg
ハンドル幅910mmに対して、パニアの全幅は1050mm程度と左右に7cm程度出ていることになります

上からだとわかりやすいかな?
FMGP0451-1_20180219222834602.jpg

すり抜けはしないほうが無難ですね
っというか基本的によっぽどのことが無い限りすり抜けはしないのであまり関係無いかな
それよりもツーリング先の駐輪場とか、ポールの横をすり抜けるときなんかに引っ掛けないように気をつけないと
旧ストで付けていたフロントパニアもつけて、目に見えるところの全幅をアップさせておいたほうがいいかもしれない

空荷でワインディングを走ってみましたが特に違和感なく走れました
荷物を入れたらまた変わるだろうけどこれは嬉しい誤算

後はナビマウントを考えないと
それでツーリング装備は一通り装着完了かな?

ってことで今回はこの辺りで!

最後にクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ
にほんブログ村
2018-02-24 : カスタム--DL650AL7-- : コメント : 4 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

kai

Author:kai
バイクと写真とクルマのブログです

バイク:
・V-Strom650XT(DL650AL7)チャンピオンイエロー
2018/2/17~

・SL230 2001年式
2017/4/22~
SL230インプレ
(2017年4月29日編集)


今までのバイク
・VTR250 09型 白
2011/4/2~2013/4/29(22337km)
VTR250インプレ
(2013年5月1日編集)

・V-Strom650ABS(DL650AL3)
2013/4/29~2018/2/17(52522km)
V-Strom650(2013モデル)インプレ
(2014年1月11日編集)


カメラ:
→メイン PENTAX K-1
→サブ PENTAX K-5IIs
→サブ PENTAX K-30 シルキーボルドー
→サブ PENTAX MX-1


車:
~2016/2/27
・ホンダ インサイト(ZE1)
2016/2/27~
・ホンダ CR-Z(ZF2) ホライゾンターコイズ・パール


プロフィール記事
10月2日更新


2013年12月15日リンク追加

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

月間アーカイブ

カウンター

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR